転職エージェントは個人情報の塊なので、情報戦としてフル活用しましょう

広告

本日はエージェントの活用についてです。

転職エージェントは生情報を持っているのが価値だから、その点を使い倒すと良いよ」

と常々言ってるんですが、

どんな情報を持ってるか分からないと、何を聞きいていいか分からないですよね。

より転職エージェントをフル活用できるように、エージェントが持ってる情報と、利用時に聞いたほうがいいことを本日はお伝えします。

そもそもどんな情報を転職エージェントは持っているのか?

採用企業のポジションと、転職希望者の経験スキル指向性をマッチングさせる仲介業という特性上、双方それぞれはもちろんのこと、マッチングの過程も情報として蓄積されております。

採用企業のポジションに関わる情報

  • 求められるスキル(広告には書けないこと含む)
  • 組織構成、チーム構成
  • 過去入社、内定者の経験値
  • 採用理由(事業拡大で増員?誰か抜けての欠員?)

過去のマッチング結果

  • 選考NG/OK理由
  • 内定時に提示したオファー条件
  • 年収とか役職とか

求職者の情報

  • どんなキャリアの人がどんな転職をしたか
  • 個別の退職理由

求人取引のある企業出身の人が面談に来ると、退職理由や社風のヒアリングもしたりします。

募集企業の人事としても、応募欲しいがゆえに自社のネガティブ情報ってエージェントにもあまり言わない場合もあるんですね。

だから、社内展開されている社風情報と齟齬がないかの観点でも、募集や紹介実績が多い求人企業”から”転職したいと考える人の理由や、感じている社風などは聞いておきます。貴重な情報源!

取引や新規採用や退職が多くて離職率の高い会社については、面談が多くなるので自ずと社風情報が溜まっていくんだよね…(遠い目)

こんなことを聴ける限り聞こう

  • お見送り理由の詳細
  • 評価ポイントの詳細
  • 採用募集背景
  • 過去面接時の質問内容(企業別)
  • 面接担当者の役職、キャラクター
  • 各面接フェーズで重要視していること
  • 狙ってるポジションの過去内定実績有無
  • 内定者の経験、年齢、キャリアなどについて

まとめ

転職エージェントは通常表に出ない個人情報の塊です。

採用企業のポジション

転職希望者のキャリア

マッチングの定性的な情報..

自分の選考に十分生かしていきましょう!

広告