女性の年齢によるキャリアチェンジ難易度について、キャリコン目線で思うこと

どうしてもモヤってしまった

本日Twitterタイムラインで、どうしてもモヤってしまうことがあり、気づいたら1時間足らずで2000字を超えるアウトプットをしてたので、深夜だけど書き上げてから寝ることとする。感情的なものは勢いと鮮度が大事や。

うーむ、やはり絶賛モヤる。
RT伸びてることから、皆んなも琴線に触れる話題だよねえ、と世の中を思い遠い目をするなど。
“女性の年齢によるキャリアチェンジ難易度について、キャリコン目線で思うこと” の続きを読む

【妊娠17週目】検診にて性別が明らかになる

エコー画像の、これは、アレだね

4回目の検診に行ってきました。

唐突に惚気および自慢になりますが、夫氏が検診付き添い皆勤賞なんすよ!

別病院での確定診断の時から数えてなので、通算5回目、次回の超音波検診も同行が決まっているため、暫定6回連続の皆勤賞です。

ありがたきことよのぅ。

エコー動画は毎回面白い発見があるため、リアルタイム共有できるのも嬉しいことの一つ。
“【妊娠17週目】検診にて性別が明らかになる” の続きを読む

キャリアの無いキャリコンたる新卒入社時代のお話

キャリアのないキャリコンの代表格、「新卒入社」

本日のタイムラインで、非常に刺さる話題がNORYさんから出ておりまして、一気に新卒時のキャリアアドバイザー悲喜こもごもを思い出しました。

キャリアとは何か
何を持ってキャリアがあると言うのか
なぜキャリアを持っている人がいいのか
キャリアとは正社員仕事での内容やポジションやスペックのみを指すのか
担当コンサルタントとするに、それは第一の指標となりうるのか

などなど、語り始めるとキリがない話題広がりまくりな哲学的な問いでもあるんですが。

とはいえ、明確に「キャリアが無いよねぇ」で満場上一致しちゃうキャリアアドバイザーがいるんですよ…。
それが新卒入社の新人なわけですね。

“キャリアの無いキャリコンたる新卒入社時代のお話” の続きを読む

ブログ9ヶ月目:立ち上げ期から今までを振り返る

読者は実在するし、反応はモチベーションになる

ブログを開設したのが年末なので、立ち上げてからまるっと9ヶ月が経過しました。

本日はとても嬉しいことがあったわけですよ。

皆さん、知ってましたか? ここで驚きの新事実です。

読者は実在するんです。

ちょいちょいアナリティクス見てるし、Twitterでも絡みがありますし、そりゃまあ「読んでる人がいる」ことは知ってはいますよ?

でも考えてもみてください。

ネットの荒波に放出している自分のブログ内容を会話の中で引用しながらリアルタイムに語る相手が目の前にいることを。

ちょっと忘れかけてた内容とかすらすら出てくる目の前の相手を。

本気の照れをしてしまったよね。

ブログもTwitterもちゃんと続けていこうと思ったし、約一年前に立ち上げてコツコツ書いてきて良かったなとも心から思いましたとも。
“ブログ9ヶ月目:立ち上げ期から今までを振り返る” の続きを読む

人材業界で「定時帰宅」が難しい理由:「労働集約型」と「給与構成」

人材業界とは

人材業界で働く上で、定時帰宅ってすごく難しいんですよ。

ここでいう「人材業界」は、大きく下記の3分野を想定しています。

  1. 求人広告(メディア)
  2. 人材紹介(エージェント)
  3. 人材派遣

HRTechはIT業界寄りだし、採用コンサルは定義広いし上記の組み合わせ多いので、此度はいわゆるレガシーどころを前提に進めるね。
“人材業界で「定時帰宅」が難しい理由:「労働集約型」と「給与構成」” の続きを読む

【妊娠16週目】猿からの進化を感じたことはあるか

安定期に入った

ようやっとの安定期に入りましたー!!

先月と何がどう違うんだろうかというのが正直な感想ではありますが、世間で言うところの「安定期」に入ったことによって、ちょっと控えていた友人同僚にも妊娠の報告がしやすくなった気がします。

「安定期に入ったから報告できるんだけど」って。

区切りきや目安があるのは、初心者にとってありがたいことである。

序盤ほどいつ何が起きるか分からない緊張感を持っているので、ここまで無事にこれたのは素直に嬉しいしほっとしているのです。
“【妊娠16週目】猿からの進化を感じたことはあるか” の続きを読む

定時帰宅を続けた営業が、1年で変化した意識について語る

定時帰宅を続けて1年が経過した

人材業界の営業、というまあまあ遅くまで働くのが主流なところで新卒からずっと働いているわけですが、「私、1秒でも早くお家に帰りたいわ!」と気づいた1年前から気合い入れて定時帰宅に挑戦し続けております。

昨年の7月から始めたんだよな。早いものだ。

時系列順で言うとこんな感じ)2018年を仕事の面で振り返る:下半期

残業もりもり期と意識が変わったこと

まあ営業なのでね…。

なんやかんや避けられない事象はあるし、この10分対応するだけで炎上防げる事案もあるし、困った時はお互い様だから仁義ある相手には臨機応変に融通きかすんだけれども。

残業完全ゼロとは言えずとも、年間平均すると月間残業時間10時間を超えることはないです。

残業一桁台。

事務かよ。働き方が一般事務なのかよ。

3年前の俺の「営業」求人ストックの中には、残業一桁台のところはなかったし、なんなら事務職でも月間平均15時間前後とかで少ないー!と思っていたわよ!?(元転職エージェント)

よくぞここまで成り上がったものだ…。うるうる。

というわけで、最近では自然になっているものの、ふと思い返すと相当に意識変わったな〜、と気づいたことを挙げていこうかと思います。
“定時帰宅を続けた営業が、1年で変化した意識について語る” の続きを読む

弊社の「ドナ」が辞めて、時代がひとつ終わった

組織のハブとなる「ドナ」という存在

とくさんのnoteを拝見して、色々と思い出すことがあったのでしたためます。

SUITSのドナみたいな人が組織に必要な理由

ドナのところには、ハーヴィーに限らず事務所のみんなが、雑談しに来たり相談を持ちかけに来ます。で、ドナは軽妙な冗談を飛ばしながら、みんなの話を聞いてあげるし、お悩みごとも前向きに受け止めてくれます。「それならためらってないでルイスに頼めばいいじゃないの」みたいに、問題解決の後押しまでしてくれたりする。

こういうドナみたいな存在って組織においてすごく重要なんですよね。組織の人たちをつなぎ、ポジティブな雰囲気を作っていく「ハブ」になる人の存在は、組織を円滑に運営していく上で欠かせない。

このnoteを読んで、強烈に思い出す存在がおりまして。

“弊社の「ドナ」が辞めて、時代がひとつ終わった” の続きを読む

【妊娠14週目】お腹の成長、および無気力と倦怠感の関連を考える

急にお腹が成長して参りました

ルナルナ様(アプリ:ルナルナベビー)によると、妊娠14週というのは「胎盤が完成に近づき、人によってはお腹の膨らみも感じられる」時期。

割と教科書通りな私も今週に入ってから急激な成長を感じており、少し前まで「妊娠お腹」「ただの贅肉お腹」が明確に上下で分かる感じだったところから、お腹の張り具合が子宮近辺と贅肉近辺でシームレスになってきて妊婦感のある自然な丸みを帯びてきました。(多分これ伝わらないやつや。)

ルナルナ様は昔からいつも必要なことを教えてくれてありがたい。

日々感動の連続ですのぅ。
“【妊娠14週目】お腹の成長、および無気力と倦怠感の関連を考える” の続きを読む