【キャリア面談】2020卒就活:第二志望以下が定まりません

広告

2020卒大学生のキャリア面談を行ったので、お悩み概要と感想を公開します。

相談者

  • 都内私大の2020卒、男子
  • 就活準備真っ只中
  • 本命選考を6月に控え、リハーサルも兼ねて複数社応募済み
  • 上昇志向は高いタイプ

事前提出物

  • 本命に提出したES
  • 汎用的な自己PR
  • 今まで受けた企業リスト/選考結果

就活における悩み

  1. 自己PR
  2. 第二志望以下についての方向性
  3. 本命前に選考落ちが多くて自信がない…

当日の流れと内容サマリ

  • PCでzoomにて面談。お互い顔見える状態。画面共有とかできる。
  • 就活状況の確認
  • 悩みのヒアリング、背景

悩みに対する回答の大枠

・③受けてるところレベル高い、落ちても別に凹まなくていいやつやで
>「キーエンス」「日本M&Aセンター」猛者しかいない、難易度目線の共有

・②受けてるところから指向生を確認、整理
・②深く狭くの営業/広く浅くの営業:業界選定と優先順位づけ
・②指向生から受けないほうがいい業界の確認

・①本命どころ企業の業務内容確認
・①求められる適性、リクルーター面談の際の発言、説明会時の人事発言などを整理
・①本命企業の業務内容から、どんなスキルが求められるか整理。手持ちエピソードで深掘りしたほうがいいポイント伝授

・現自己PRについて「エピソード自体はいいが、業務内容に対して”当てにいく”意思が足りない。」「このスキルや完成形を求められている、ことを念頭におけば見せ方・当日話すことが変わる」byみゆきち

面談後感想:本人記載

感想いただきました!

学生目線での改良点もいただき嬉しきこと。

■就活相談に申し込んだ理由は?

今何をすべきかが分からなかったので申し込みました。

具体的には、第二志望以下の決め方。第一希望であるA社の▲▲職は6月1日から正式に面接等が行われます。

今までは軽い気持ちで知名度のある企業を受けてはみるもの、内定には至らず、自分に自信がなくなってきたため応募しました。

■相談を経て、今後の就活/インターンでどのように活かせそうですか?

明確にこれからの道しるべができた。

1時間の電話面談で自己分析を深めて頂き、向いている業界、職種、逆に向かない仕事などが分かった。

第一志望の選考が始まる前に、実際にそれらの企業を受ける予定です。

■みゆきちの印象はどうでしたか?

就活エージェントを利用し、マンツーマンで面談をしていただいたことがあるが、自分の話を決まった枠組みに当て、結果を出していると感じた。

一方みゆきち先生は、時間や制約にとらわれず、私自身の課題を見つけようとしてくれるのが伝わった。

予定の時間より大幅に伸びたが、それが逆に嬉しかったです。

■サービスとしての改善点/学生目線の提案を教えてください

就活エージェントやES面接講座など、就活支援サービスはたくさんあるが、それらは自分の現状が把握できていて、何が必要か、次に何をするべきかが理解できている人が利用すべきものだと思う。

逆に就活をなかなか始められていない人が、初めの一歩としてとり敢えず参加してみるサービスであったり、就活の仕方がイマイチわからない人向けのサービスがあるといいと思います。

最後に

就活楽しんでな~!!

広告

投稿者プロフィール

みゆきち
みゆきち
人材業界に身をおく総合職営業畑アラサー女子|大手転職エージェント→米系人材サービス日本法人|第12回キャリコン受験|キャリコン養成講座受講中|転職・キャリア情報を発信しつつ、紹介限定で対面相談受付中|共働き族|リアルに根ざしたキャリコンになるぜ|面談・仕事依頼は→miyukichi314.mail@gmail.com