キャリアコンサルタント実技ロープレで気をつけること:CC協議会受験

広告

今回は、私自身がロープレを通して指摘を受けたことや、養成講座などで教えを受けたロープレのポイントについてお伝えします。

なかなか「正解」が分からない実技面談において、参考になれば幸いです。

なお、自分が受験した「キャリアコンサルティング協議会」を前提にした内容になります。

試験当日の流れ

試験当日、実技面談会場となる部屋の前まで案内してくれる試験官がいます。

その方こそ、ロープレにおけるクライアント役の人です。

多少の年齢上下幅はあるかと思いますが、男女の役割を逆転させることはないので、「このパターンかな?」というアタリは早めにつけられます。

 

部屋の前で待っている間、クライアントの年齢や職業、家族構成、相談の概要が書かれた資料を渡されます。

しっかり読み込むくらいの時間は十分にありますので、落ち着いてどんな展開にしようか、何を聞きたいか、クライアントの立場に立ってみたり、色々と思い浮かべる時間として使ってください。

ロープレ練習を通しての学び/ポイント

五月雨式になりますが、繰り返しもらった指摘や、講座の中でなるほどと思ったポイントを挙げていきます。

・「未来」「今後」については、口頭試問の展開でも触れる機会があるため、15分の中で無理に聞き出しすぎなくていい。

・感情を丁寧に拾ったり、主訴の把握に努めることの方が優先度高い。

・「誰かに相談していますか?」は諸刃の剣。
「周りに相談できないからこそ、今日、あなたに相談しにきてるんです」と返答されるリスクを承知すべし。
使うならせめて終盤で。

・「転機」になったタイミングの前後について深く聞けると、会話も情報も引き出しやすい。

・「今までやってきたこと」について、良い点は称賛しながらラポール形成を意識。

・一問一答の質問になっていると気づいた場合は、「5W1H」を思い出して、質問の切り替えを!
緊張してると、目の前の「聞かなきゃ」で焦るので、リカバリー策だけ頭の中に置いておこう!

・「***は出来ません」などが出た場合は注目!
クライアントの「思い込み」が隠れている可能性高い。

口頭試問でリカバリーできるから大丈夫!

当日は緊張しますよね。

私もロープレは得意な方だと思っていたんですが、当日はよく覚えていません。。。

 

ただ、ロープレの中で聞き切れなかったことや、やってしまったと思う点があっても大丈夫です。

その部分を口頭試問において、客観的に答えられれば挽回可能です!

「面談開始、最初の15分」という設定なので、むしろ全て聞けたと思ってしまう方が問題ありです。

ロープレ終了〜口頭試問開始前で、「うわーー!」と思い返す反省点は、素直に「できなかったこと」として口頭試問ではきはき答えちゃいましょう。

あとはクライアントの人を”役”だと思わず、今後も複数回の面談を通して”支援する対象”だと考えることを推奨します。

そうすることで、

「(これから一緒に向き合うべき、)キャリアコンサルタントから見たクライアントが抱える問題点」や、

「(今後の面談を通してこの人のためにやっていきたい、)今後の展開や支援」について語りやすくなるはずです。

 

実技試験、頑張ってください!!

広告

投稿者プロフィール

みゆきち
みゆきち
妊娠7ヶ月目プレママ|元大手転職エージェント→現HR業界営業の人|第12回キャリアコンサルタント合格|転職・キャリア情報を発信しつつ、ココナラでキャリア相談受付中|リアルに根ざしたキャリコンになるぜ|キャリア相談はこちら→http://bit.ly/2zoFBwR その他お問い合わせはこちら→miyukichi314.mail@gmail.com