【協議会受験向け】口頭試問は時間を測って練習をする:キャリアコンサルタント面接対策

広告

口頭試問で頭が真っ白になる人多発

試験終了後の感想でよく耳にするのが、「口頭試問で頭が真っ白になった」という声です。

ロールプレイング自体は、養成講座の期間も含めて触れる機会があるものの、口頭試問までかっちり行おうとすると、試験対策向けに意識して時間を確保しないとやれないもの。

どうしても比率としては「口頭試問まで行う」回数って少なくなりがちなんです。

緊張下にあっても、傾聴を徹底することさえ体が覚えていてくれれば、ロープレは相手とのキャッチボールになり、会話を進めることができます。

しかし、口頭試問は完全に自分1人の発言が試される場だから、余計に「頭が真っ白」状態が起こりやすいのではないかと。

口頭試問の時間を計る

口頭試問の時間は5分です。

特に直前期においては、厳密に時間を計って練習しましょう。

本番時では割と容赦無くベルが鳴ります。

1問への回答が長いと、「巻いてけ巻いてけー」という雰囲気を面接官が醸し出します。

なんなら「短めにお願いします」とか後半言われます。

タイムキーパー役割で本来有難いんだけど、緊張してると焦るんだよね…。

初期の練習においては「考える」意味も込めて、回答時間にそこまで厳密な縛りを設けなくていいと思いますが、直前期の練習では時間内の回答を必須にして、時間の感覚を染み込ませましょう。

時間配分の目安をつけておく

「時間の感覚を染み込ませましょう」と言ったものの、正直、これが中々難しいんですよね。

5分の感覚を身に付けるのは現実的ではないので、設問ごとに「このくらいの分量を話す」ことを決めておくと安心です。

体内時間で計るのではない!

自分の発声文字分量で感覚を身に付けるのだ!!

王道をいこう、減点を防ごう

キャリアコンサルタント国家資格の実技面接(ロールプレイ)については、特異なテクニックは求められていません。

設定として、「面談開始して最初の15分」なので、その時間内での解決策提示も求められていません。

基本の王道をいきましょう。

そうです、「受容」「共感」「自己一致」です。「傾聴」です。

  • 相談者を尊重する態度や姿勢
  • 相談者との関係構築
  • 話の中から問題点を捉えること
  • 会話を通して相談者の感情を掴むこと
  • 面談を通じて相談者が気づき、成長するような応答とプロセス

求められているのは上記です。

格好いい展開や、目を見張る解決策の提示や、試験官を唸らせる斬新な視点などは求められていません。

目の前のクライアント役の人を、「自分を指名して相談しに来たクライアント」に見立てて、「キャリアコンサルタント」をやりきりましょう。

広告

投稿者プロフィール

みゆきち
みゆきち
妊娠7ヶ月目プレママ|元大手転職エージェント→現HR業界営業の人|第12回キャリアコンサルタント合格|転職・キャリア情報を発信しつつ、ココナラでキャリア相談受付中|リアルに根ざしたキャリコンになるぜ|キャリア相談はこちら→http://bit.ly/2zoFBwR その他お問い合わせはこちら→miyukichi314.mail@gmail.com