「継続」が苦手な飽き性の私が、1年間も毎月「勉強会」を開催できた理由

広告

「土曜朝8時のキャリア勉強会」と題して、毎月定期で勉強会を主催しています。

昨年の12月から始めて、なんと次回の開催で1周年。

時折スピンオフで別開催もしていたので、累計14回の開催ができた。

我ながら驚きの成果である。

なぜって、飽き性な私はだいたいにして「継続」が一番苦手なので。

継続ができたポイント3つ

  1. 誰かと一緒にやる
  2. 余裕だと思える分量を設定する
  3. 絶対に「0」にしない、ことを第一優先とする

実際に1年間継続できたから満を侍して言えるのだけど、ちゃんと「継続」できるように上記を最初から心がけた。

こちとら何度となく”継続”に挫折しているので、もはや躓きポイントにおいてはプロみがあるのだ。

ひとつずつ、掘り下げていきますね。

誰かと一緒にやる

今回の成功要因は、これが8割ですね。

勉強会は、同じくキャリアコンサルタントのNORYさんと共同運営をしています。

  • 相手に迷惑をかけないよう、継続の力学が働く
  • 悩んで行動が停止しそうなとき、すぐ相談して決めて行動に移せる
  • 作業量がざっくり半分になる
  • お互いの得意/苦手を分担しあえる
  • 気の合う人と一緒に何かをやるのは、楽しい

など、自分以外の誰かと一緒にものごとを進める良さは、たくさんあります。

勉強会も、知識的な講義形式は私が主担当だし、キャリア理論を題材にした読書会やワークショップ形式はNORYさんが主担当である。

 

今回は、もうちょい手前のところから、時系列で語らせてくれ。

実はもともと、私1人で、「定期的な勉強会の主催」は考案していて、だいたい中身も決まっていたんです。

しかし。

考案していて、企画したまま、気づいたら半年くらいが経過してたんですね。びっくりです。

「継続」以前の問題として、「始める」のもまた大変なのよ。(継続苦手のプロだから、そういうのも知ってる)

やろうやろうと思いながら半年が経過した。

残念な事実を真摯に受け止め、また同じ半年を繰り返すのかお前はと叱りつけたのち、NORYさんにDMしたのでした。

「ちょっとご相談したいことがあるので、お時間ください〜!勉強会の主催を企画してるんですが、一緒にやりたいと考えてまして!」


半年の時間を動かすのは、実際のことろ、1通の連絡だったりするわけです。

 

本当は挑戦したいのに、なんとなく続けられる自信がないまま時間が経過してる「やりたいこと」、ありませんか?

同じく興味を持ってそうな人に、さくっと声をかけてみましょう。

考えるな、DMをしろ! LINEをしてしまえ!

お互いに月1で成果報告会しようよ〜!とかでもいいと思うぞ!!

余裕だと思える分量を設定する

実はとてもとても大事なことです。

何か新しいことを始める時、はたまた、リベンジを果たさんと過去挫折した内容を引っ張り出す時。

「継続できない分量」を設定しちゃうんですよねえ。

お腹が空いていると、メニューを頼みすぎちゃう現象と同じです。あれです。

 

「土曜朝8時のキャリア勉強会」は、立ち上げ時に、以下の余裕をもって設定しました。

  • 朝8時の開催とする
  • 月1回の開催とする
  • 土曜日とは決めたが、第何週とは決めない
  • テーマは共同運営で持ち寄りとする

継続できる日時を設定するのは、とても重要です。

「朝活」にしてはさ、8時って微妙に遅めなのよね。

朝活を名乗る勉強会って、だいたい6時とか7時とかなんですよ…。

わたし、起きれないんだわ。(眠い)

朝6時開催にしてたら、きっと最初の2回で終わっていた。。。

 

また、「勉強会」を主催で名乗るからには、やはり隔週くらいで開催したいなと思ってたんですよ。当初。

月1回だと少なすぎるんじゃないかな、って。

増やす分にはいつでもできるので、「余裕すぎるのでは…?」と感じる分量設定が、いざ実行してみるとちょうどいいものです。

今なら分かります。隔週は無理。

絶対に「0」にしない、ことを第一優先とする

最後に。

「継続の基準」を、ぐっと下げることです。

0じゃなければ継続です!!!1やれば継続だよ!!!

 

やはり1年間も続けている中で、「今回は企画に悩みますねえ」ってことはありました。

そんな時は、自分たちでコンテンツを作る講義形式ではなく、

参加型の「読んでくる読書会」形式を考案してみたり、

ゲスト講師をお呼びして、むしろ自分達が学びたいテーマをお願いしたり。

開催は絶対する、とだけは決めて、この準備期間と今のリソースで開催できる内容を逆算して間に合わせることも多々です。(大方、子どもの風邪とか熱とかで、リソース配分が狂います。)

 

「0」にしちゃうとね、飽き性や完璧主義や継続苦手な我々はね、「もういいや」になっちゃうんですよ。

別にぶん投げなくてもいいものを、私なんて向いてないんだー!とか言いながら、撤退しちゃうんです。

もう一回やり始めればいいんですが、「続ける」よりも「始める」ことで躓くのは冒頭に述べた通り。

慣性の法則を利用しましょう。

止めない。止めないために続ける。すこーしの力でいいから、進め続ける。

だから第一優先なのです。

継続は自分との約束であり、自信になる

今月もちゃんと開催できた。

今回も参加してくれる人がいた。

毎月毎月、「やるぞ」と決めたことが、「やれた」になる積み重ねは、

自分への信用/信頼を増していきます。

他者からの信用ではなく、自分が、自分に対して感じる信用と信頼。

自信、とはそういう意味だったのか。継続は力なり、とはこのことか。

1年間を振り返ってみると、「ものすごく自信がついた」が、一番大きな得たものかもしれません。

おまけ:今回も人に力を借りた

この記事もネタ出しだけして下書きに1ヶ月眠ってたんだけど、反応してくれる方がいたので書けました!ありがとう!!

 

広告