異動後瀕死だけど、ふと気付いたこと

広告

おはようございます、みゆきちです。

部署異動してからというもの、業務内容ががらっと変わったため仕事のやり方も異なり、日々瀕死の状態で帰宅しております。

寝たよ、、、昨日は22時台に寝たよ、、、倒れこんだよ。

ああタスク整理も納得いってないし問い合わせ多いし残業激増だしうわーーー、、、

と布団に潜り込んでふと気づいたですけどね。

よく考えたら22時とかさ、会社にいたよね。

それでもまあ、こんなもんかなと思って数年間続けていたし、転職して帰宅時に空が明るいことに感動したりしていたんですが。

計算してみたら、前職の1/3くらいなんだよね、残業時間。

おぉ、、、、

人間の耐性とは落ちるものだなぁ。

そして一度感覚がリセットされると、こんなにも残業に対してストレスを覚えるのか、、、と感動した次第です。

1年以上やってる業務だって、残業なくすのに半年かけてますからね。

新しい環境だし最初は全然こんなもんでしょ、と少し楽に構えることにしました。

へとへとになるくらい集中してるわけだし。

というわけで、ブログも転職系の下書きが溜まってきてるんですが、日常話もちょいちょい入れて気楽に更新しよ~、っと。

広告

投稿者プロフィール

みゆきち
みゆきち
人材業界に身をおく総合職営業畑アラサー女子|大手転職エージェント→米系人材サービス日本法人|第12回キャリコン受験|キャリコン養成講座受講中|転職・キャリア情報を発信しつつ、紹介限定で対面相談受付中|共働き族|リアルに根ざしたキャリコンになるぜ|面談・仕事依頼は→miyukichi314.mail@gmail.com