転職エージェントを使うメリットって? #転職一問一答

広告

こんにちは、みゆきちです。

「転職エージェント活用法講座」を、先日行いました。

そちらの内容に加筆修正を行いつつ、改めて転職エージェントのうまい使い方と関係構築の基本的な考え方をお伝えします。

じ、自分の声を録音しておくんだった…と思うくらいモリモリ話したのですが録音しそびれたので、同じくらいモリモリ書いていきますね!

転職エージェントを使うメリット

①「面接のフィードバックがもらえること」
②「生データの蓄積があること」
③「選考調整の工数が省けること」
主にこの3つです。
他にも細かいメリットはありますが、
結局のところ上記3点に絞られていきます。

①「面接のフィードバックがもらえること」

こればかりは、エージェントを通す以外に代替手段がないのです。
個人で活動する場合、面接の結果しか分かりません。

 

なぜ落ちたのか・受かったのか。

落ちた理由は自分にあるのか、修正が効くようなものだったのか、止むを得ないものだったのか。

受かったにしても、どこを評価されたのか、懸念点はあるのか、圧倒的な高い評価での合格なのか・ギリギリ及第点での合格なのか。

次の選考では何を気を付ければいいのか。

これがまあ、人事からの直接フィードバックって、なかなか無いからね。
あなたの志望度が高くて、あなたの評価もなかなか高くて、「あなたは内定がほしいし、人事もあなたを受からせたい!」と同じ方向を向けた時に初めて、「次の面接ではここを気をつけて!」というポジティブなフィードバックがあることもあります。
ただ、ネガティブフィードバックはないし、落ちた理由も分からず終いです。
サイレントでお見送りです。(懐かしき就活の”お祈り”が再び)
落ちた理由も、通過した理由も、次に活かせる重要な材料です。
これがある1点で、私は転職エージェント使って自分の転職活動を行いました。

②「生データの蓄積があること」

エージェントが持ってる情報量は豊富です。
「転職をしたい登録者」の個人情報と、
「採用をしたい企業」のポジション詳細情報、そして何より

 

「両者のマッチング可否および理由」という情報まであるわけですね。

この蓄積は自分の選考にも役立つし、蓄積した情報から現実ラインを見据えて落とし所を考える時にも役立つわけです。
エージェントが持ってる情報

・選考の結果・合否の理由

・内定者がどんな経歴か
・どんなオファー(条件・給与)が出たか
・どんな面接内容か
・なぜ募集をしているかの背景(欠員?増員?)
・その会社を辞めた人の理由
などなどでしょうか。
これを単独で得ようとすると大変なので、情報源としての転職エージェントは活用しがいがあります。

③「選考調整の工数が省けること」

意外とすごくありがたいのがこちら。
仲介の面目躍如ですね。
取得した有給の1日で多く面接を受けられるよう各社を調整してくれたり。
最後に選択肢を持てるよう面接の進捗段階をあわせてくれたり。
特に働いていると楽で、そう何日も有給使えないじゃないですか。
色々な裏工作と調整を行って獲得した1日有給、「もう面接で埋めてくれよ」みたいになるじゃないですか。
その辺の事務作業的な調整と、各社足並みを揃えるための仲介をしてくれるのは楽ですよね。
その他にも、
・話すことで考えが整理される
・無料でレジュメの添削が受けられる
・無料で面接の対策が受けられる
・非公開求人の紹介がある
あたりもありますが、自分が、「エージェントだから」得られるメリットとしては上記が主要になります。

エージェントはこういう情報を持っているんだね!

という前提を知っているだけで、「これを知りたい」と要望を出しやすくなるので、ざっくり把握しておくと良いです。

広告

投稿者プロフィール

みゆきち
みゆきち
妊娠7ヶ月目プレママ|元大手転職エージェント→現HR業界営業の人|第12回キャリアコンサルタント合格|転職・キャリア情報を発信しつつ、ココナラでキャリア相談受付中|リアルに根ざしたキャリコンになるぜ|キャリア相談はこちら→http://bit.ly/2zoFBwR その他お問い合わせはこちら→miyukichi314.mail@gmail.com