復職1ヶ月間の心境変化など:やる気と焦りと凹みと弱音と、ありがたい周辺環境

広告

復職して約1ヶ月。

GWを挟んでいるので、実質稼働としてはだいたい3週間でしょうか。

そろそろ、準備運動も終えて仕事は慣れてきたころかな。

5月末といえばそんな頃合いだろうと復職前の私は思っていたのですが、まあ全く慣れないですね!?

ついぞ、翌日に控えた会議が気が重くて、夢に出てきてしまった。

https://twitter.com/miyukichi314/status/1394495658069925895

仕事の気が重いのは、”出来ない自分”を自覚できるから

出来ないことに凹むんですが、何がしんどいって、割と正確に客観的に「こいつバリュー発揮できてねえな」と自分で分かっちゃうんですよね。

久しぶりとはいえ、経験者。

頭と手は思うように動いてくれないくせに、どのレベルで今使い物になってないか分かっちゃうくらいには、蓄積した記憶と経験があるのですよ…。

イメージとしては、中高で運動部だったからと20年ぶりに調子に乗って飛び跳ねたら肉離れ起こすような。

違うの!ほんとはもっと体が動くはずなの!!頭の中ではシュッとババっと動けてるのよ!!!

下手に経験値がある分、以前との比較をしてしまうし、もちろん周囲の同僚とも比較してしまう。多分、”以前の自分”は大概に美化され出来る子であるし、周囲の同僚はこの1年継続して仕事してるので、並べて比較するものでもないと分かってはいるのだが。

見える……顧客との定例会議で出せていないバリューが…見えるぞ…分かる……。つれえ。

常に頭の隅に”仕事”がちらつく

とはいえお迎えの時間がくればパソコンは閉じるわけで、怒涛の帰宅〜寝かしつけまで、また思考を切り替えなきゃならんのですよ。

ひと段落して自分のことを終えたら、だいたい22時。

育休中はここから2時間くらい活動する余力があったのだが、もうね、体力の限界。眠い。ここから何かしたところで、どうにも進まんことも理解している。

というか20時〜21時で、寝かしつけとともに寝落ちが週の半分くらいありました。

お疲れ〜〜〜!!!!(文字通り)

やりきれていない、あれが出来なかったここで失敗した、あんな基本的なことで申し訳ない、を抱えて整理がつかないまま、仕事から生活に移るから頭に澱のように不安が溜まっていく。

自分の声が頭の中で響く。配慮してもらってるのに、そこまで難しいことをやってるわけじゃないのに。呼吸が浅い。明日の朝、メールボックスを開くのが怖い。でも夜のうちに確認するのは体が拒否をする。必要な情報と不要な情報がぐるぐるする。

吐きそう。というか、吐いた。

「不安」を頭の外に出す、全部出す

吐いて、三ツ矢サイダーを飲んで、「まっっっじで、やりたくね〜〜〜え!!」と盛大にため息をついてから、すぐに寝たい欲求を抑えてノートに不安を全部書き出して、どうしようもないことはマジックで塗り潰し、解決できそうなことは真面目にtodoに落とし込んだら、ようやくすっきりした。

どうしようもないこともあるんだよ!

慣れない、とかね。もう時間が解決するしかないじゃない!?

1ヶ月程度で慣れないとかね、そりゃ慣れないよ!!おっまえ、転職したとき「馴染んだわあ」とか5月頭(4月入社後1ヶ月)で言ってなかっただろ!?せいぜい夏頃だろ!?っつーことは、今回も最低そのくらいよ。しかも今回は自分一人の変化じゃないからね。概算で1.5倍はかかると見たね。秋〜冬だね、「結構楽しいじゃない!」とか言えるのは。今、春よ。梅雨入りしたかしてないかよ。あと半年以上かかるものを1ヶ月で慣れたと言おうとしてたとは、単純に見積もりあっま甘じゃないか。結論、年末年始です!この話は以上!!

……みたいなことを、紙のノート上でやるわけですよ。

で、「だよね〜〜〜」となった”どうしようもないこと”は、ざっくざっくと物理的に塗り潰して抹消し、記憶からも悩みを消す。なぜなら「どうしようもない」ことを考えても、どうしようもないから。

業務時間外に仕事のことを考えたくないやりたくない。がしかし、一旦立ち止まらないと事故る。というか体調が既に事故りかけている。メンタルがすぐに体に現れる仕様なのだ。

頭の中で抱えない。全部、外に出す。正体が見えたら、怖くない。

どうしようもないことは記憶から抹消する!

タスク管理は、こういう時にも使うんですよ。(宣伝)

足りないのはスキルではなく、情報

最後は、同僚氏に救われた言葉を置いときます。

論理的思考は、情報を「知ってるか知らないか」がものをいう。

「そうだった!」と「思い出した!」と「教えてください!」を、丁寧に拾い集めて、復帰後の土台を作ろうと思います。

年末年始までにね!

広告