キャリア相談で15万円稼ぐまでの道のり:ブログ立ち上げ〜ココナラで受注&リピートまでの1年間

広告

個人向けサービスの副業を考えている人へ

2019年、「国家資格キャリアコンサルタント」を取得するとともに、副業として個人向けのキャリア相談を始め、15万円を売り上げることができました。

申し込んでくださった方、本当にありがとう!!

個人向けのマネタイズは難しいと言われますし、何事も0→1がパワーかかるし分からないことだらけじゃないですか。

私がまさに会社員しつつの0→1状態なので、動き方や感情や記憶が生々しい今のうちに、リアルなところをお伝えしたいと思い、noteで有料記事&マガジンを発行してみましたよ。

「キャリア相談」のみで15万円稼ぐまでの道のり

質問に回答する前段階で、時系列順でやってきたこと/出来事を紹介します。

実際に15万円の売上を立てたのは8月〜12月の4ヶ月間ですが、そこに至るまでの期間を端折るのはフェアじゃないのでね。

1年間のキャリアコンサルタント活動

2018年12月末:
WordPressブログ立ち上げ(独自ドメイン)
Twitter本格稼働開始(1年放置したアカウントを再活用)

初投稿記事はこんなレベルやで。

Word Pressに再挑戦

2019年1月:キャリアコンサルタント養成講座通学開始

よもや試験時に妊娠しとるとは思うまい…。

キャリコン養成講座1日目

2月:初めてのワークショップ開催@都内オフライン

振り返るとだいぶ序盤でイベントぶち上げてました。ありがたくも満席。
告知を拡散してくださった方のおかげで参加者確保できたので、自分も誰かが良きイベントしている時には拡散するようにしてます。

【告知】2/23(土)19:15〜@護国寺:転職エージェント活用法のワークショップ開催

3月:中旬より「ブログ毎日更新」を実施

ブログコーチングを受けなおして、テコ入れ。
発信基礎体力を作れたように思う。

ブログの初期KPIを記事数&毎日更新に置く理由は、「自分がコントロール可能な唯一の数値」だから

4月:初の問い合わせ&キャリア相談
「ブログを読んで」とメールにてキャリア相談の飛び込み申し込み有り。
この時点ではキャリア相談をメニュー化しておらず、金額/時間/場所/対面可否/進め方などを突貫で考え提供。

最初に手を挙げてくれた人を基準にする

5月:GWに「職務経歴書の作成サポート企画」を実施

こんな内容でお送りしました。

初心者向けの職務経歴書作成サポートを開始したよ!

6月:学生向け就活相談@対面を中心に実施

季節柄&学生向け支援してる人とご縁があり、就活相談も活発に行っていた時期である。
新卒の就活も色々と移り変わりあるからアップデートし続けないとなあ。

【キャリア面談感想】2020卒就活:「大手に行きたい本心が判明し、やるべきことが見えた」

 

7月:キャリアコンサルタント資格試験受験

頑張った。(つわり真っ只中でした。)

第12回キャリアコンサルタント試験(CC協議会)の感想

 

8月:ココナラでのキャリア相談開始
ようやく「キャリア相談」を正式メニュー化
キャリアコンサルタント試験合格

現在は受付停止中ですが、こんな感じで2019年末まで稼働させておりました。
再稼働は2020年夏頃を予定しておりますがどうなることやら。

9月:ココナラから2件新規申し込みあり

やはりみなさん、「**の記事を読んで」とか、「前からTwitterをフォローしてて」と申し込んでくれる方が多いんですよね。
新規申し込みはブログ運営と密接に関わっているので、参考までに。

ブログ9ヶ月目:立ち上げ期から今までを振り返る

10月:初めての継続サポート希望者申し込みあり

結果として、転職活動も満足のいく結果につながったので良かったです。
これがやりたくて「個人向けのキャリア相談」を開始したのだよ。

【キャリア相談感想】「第二新卒転職に後悔を残したくない!」未経験で一部上場大手の営業職に内定

11月:勉強会2件主催@オンライン

勉強会ブームの到来。そして自分なりの開催ハック。

集客が苦手でも自信を持って行えるイベント開催の流れまとめ

12月:勉強会2件主催@オンライン
リピート/継続希望の方それぞれ申し込みあり
初めてオフでのキャリアコンサルタント勉強会に参加
複数のオンライン上で会いたいと思った方にアポ取り→インタビュー実施

尚、一貫して「ターゲット設定」はこんな感じ。

「ペルソナ」はいつでも自分自身に設定している

資格試験後の8月〜12月の4ヶ月で、キャリア相談からの売上15万円に達しました。
ココナラ立ち上げ前から数えた累計だと、20万にはぎりぎり届かぬものの…というくらいです。

転換点だったなあ、と振り返ると感じる出来事もあるため、質問回答の記事で折に触れてそのへんも解説しますね。

記事内容:回答質問一覧+おまけ回答+マガジン特典

…という前提を紹介&踏まえていただいた上で、ツイキャスの音声配信にて、事前質問+当日質問にて合計8件に回答しました。

有料noteではツイキャスでは時間切れで回答しなかった、「この辺も実は気になりません?」と私が勝手に想像して作成したおまけ回答を3つ加えておくよ!

<有料記事の案内について>
・各記事:100円
・まとめマガジン:1,000円
・マガジン購入特典:ツイキャス音声プレゼント
※2020年4月18日(土)までにお買い上げいただいた方が対象
(第14回キャリアコンサルタント試験・合格発表日の翌日設定!)

回答13本+音声ついてくるので、マガジンのほうがお得設計です。
ピンポイントに気になる質問があれば、その記事だけ100円購入もお安くすみますぜ!

記事化する質問一覧

随時、更新していきますのでお楽しみに〜!!!

①人事や人材紹介系の経験なし、養成講座受講のみでキャリコン資格を取ったばかりの人でも、個人向けにマネタイズは可能だと思いますか?

②みゆきちさんにとって「キャリアカウンセリング」「キャリアコンサルティング」とは何を意味するものでしょうか。
その過程において、何を目的・目標としてどのように行うものだと思いますか?
また、何故そのように思われますか?

③初めまして。転職エージェントCA職として働いております。色々キャリアを今模索している最中なので是非みゆきちさんにお伺いしたいことがあるのですが、エージェント時代のCAの時のカウンセリングと今回の個人向けキャリア相談で中身は変えていますか?
変えているのであればどのようなポイントを変えているのか、なぜそのポイントを変えているのかを合わせてご教示頂けますと幸いです。

④実務経験が3年以上あり、去年 キャリコンに合格しました。本業以外でキャリアコンサルタントとして、個人向けキャリア相談を行いたいと考えています。しかしキャリコン の実技では、最初の15分のロープレしか勉強しておらず、どのように商品を提供していったらいいかが分かりません。
アドバイスを頂けますでしょうか。よろしくお願い致します。

⑤集客ルートとそれぞれからの集客数、オススメ度を教えていただきたいです

⑥1回相談に来てくれて終わりなのか、リピートあるのか伺いたいです。あと、エージェント時代の面談との違いもあれば。

⑦相談してくる人はなぜ有料でもくるのか、感じられるインサイトがあれば教えていただきたいです

⑧キャリア相談を始めるにあたり技術的なところで不安があり、実践するにはまだ早いかも…と思ってしまうのですが、みゆきちさんはキャリア相談するにあたってそうした不安や考えはありましたか?

おまけ①キャリア相談の金額はどうやって決めた?

おまけ②今だから思う、やっておけば良かったことある?それはなぜ??

おまけ③相談件数が増えてきた転換点はいつ?なにが要因だと思う??

広告